Oracle.dataaccessバージョン2.122.1.0のダウンロード

ODP.NET とは、Oracle が開発している .Net アプリケーションから Oracle データベースへ接続するためのネイティブミドルウェアです。以下のサイトよりダウンロードしてインストールを行うことができる。32ビットおよび64ビット版がそれぞれ提供されています。

2014/10/24 Oracle 11.2.0.4.の更新を以下に示します。 Windows 7でSystem.Data.OracleClientを使用して、次の手順で成功しました。 1。ダウンロードインスタントクライアントパッケージ-Basic Lite: Windows 32-Bit または 64-Bit 。 2。次のファイルをシステムパス内の場所にコピーします。

ですから、DataTableは2つ用意しています。1つは上記の通りデータをバインドしていますが、もう1つは宣言しただけなのでまだ空っぽの状態です。 DataTableにはカラムが3列あり、その中の1列をグループIDとしています。

Oracle Universal Installerバージョンのダウンロード : ODAC1110621.zip 181MB(190,109,440バイト): インストール手順 : 日本語ヘルプ・ファイル -- 日本語のヘルプが必要な場合は、ODAC 11gのインストール後に以下のMSIファイルを実行します。 64-bit ODAC 12c Release 4 (12.1.0.2.4) Xcopy for Windows x64 [2015年10月5日リリース] ダウンロード: Oracle Database 12c Release 2 on Windows. ODAC 11.2 Release 3 and Oracle Developer Tools for Visual Studio (11.2.0.2.1) インストール後、一旦、参照設定から「Oracle.DataAccess」を削除し 追加で.NETのタブから「Oracle.DataAccess 2.112.2.0」を追加しました。 リビルドも正常に完了しました。 11.2.0.1.2以降、Oracle Data Provider for .NETには、.NET Framework 2.0および.NET Framework 4用に1セットずつ、2セットのバイナリが用意されています。 たとえば、ODP.NET 11.2.0.1.2のバイナリは次のようになります。 ODP.NET for .NET Framework 4. Oracle.DataAccess.dll.NET Framework 4により作成 バージョンの付け方がこのようであるため、10.2.0.2.20より前の発行者ポリシー(「旧発行者ポリシー」とする)がgacにインストールされている状態で、10.2.0.2.20以降のodp.net(「新odp.net」とする)をインストールしても、10.2.0.2.20以降のodp.netの発行者ポリシー エラー 1 ファイルまたはアセンブリ 'Oracle.DataAccess, Version=2.112.1.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89b483f429c47342'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。

この時点で、x86の時と1つ違いが。それは「ビルドの結果が入ったフォルダにOracle.DataAccess.dllがコピーされている」という点。どういうことなんでしょ?このOracle.DataAccess.dllはどこから来たんでしょ?? AnyCPU指定を行うと、プログラムは実行された時点で

2014/06/18 2014/02/07 2014/11/02 2020/01/18 2018/04/20

ODP.NETのインストール手順 Oracle 12cから公式のODP.NETがNuGetに追加されました。 この記事ではODP.NETをNuGetからインストールする手順を記載します。 ODP.NET(Oracle Data Provider for .NET)とは

エラー 1 ファイルまたはアセンブリ 'Oracle.DataAccess, Version=2.112.1.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89b483f429c47342'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。 Oracle Data Provider for .NETのインストール. Oracle Data Provider for .NETはOracle Data Access Components(ODAC)の一部であり、OTNからダウンロードできます。ODAC 11.1.0.6.20から、Oracle Data Provider for .NETはXCopyまたはOracle Universal Installerを使用してインストールできるようになりました。 Oracle.DataAccess.dllのバージョンの違いにより、以下のエラーが発生しました。ファイルまたはアセンブリ Oracle.DataAccess, Version=4.121.2.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89b483f429c47342、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。 DBはOracleを使い、接続に際し64ビット版のOracle.DataAccess(4.112.3)の参照が必要なのですが、 参照追加画面で追加(oracle\product\11.2.0\client_1\odp.net\bin\4\Oracle.DataAccess.dll)を行いましても、 VBが認識してくれず、下記コードで参照エラーが発生しています。 現在ODACの18.0.0を手元に所持してるが、ここには(CLR4.0では)11.2以降の全てのOracle.DataAccess.dllを参照しているアプリケーションは4.122.18.3のバージョンを使うように書かれている。

2018/09/18 2020/01/20 2019/08/06 1)すべてのoracle dllを32ビットoracle dll、つまり2.112.3.0に置き換えました 64ビットマシンに32ビットクライアントがインストールされています。 オペレーティングシステムはWindows 7です。 2)個々のプロジェクトを個別にコンパイルします この問題をさらに調査しましたが、ODP.Netは同じダウンロードバージョンのODP.Netからすべての適切なDLLを取得し、Exeファイルと同じフォルダーに配置するだけです。Oracle Data Provider for .NET 2.0(11.1.0.6.20)のみをインストールし、Oracle Instant Client(11.1.0.6。 2013/10/29

System.Data.OracleClient. 1つ目はSystem.Data.OracleClientを使う方法。.Net Framework4からは非推奨となり、将来のバージョンでは削除される予定との内容が公式で出ている以上、遊び以外での使用は控えたほうが良いでしょう。 dotnet add package Oracle.ManagedDataAccess --version 19.7.0 For projects that support PackageReference , copy this XML node into the project file to reference the package. ODAC 11.2 Release 5 and Oracle Developer Tools for Visual Studio (11.2.0.3.20) 64-bit ODAC 11.2 Release 5 (11.2.0.3.20) for Windows x64 まず、32bit版と64bit版でversionを合わせんとAssemblyで取得できないってerrorが出るから、versionは合わせてdownloadしてくること。 マイナーバージョン番号も確認する必要があります。たとえば、Oracle.DataAccess.dllバージョン4.112.3.0はOracleクライアントと互換性がありません11.2.0.4。 ODP.NETおよびOracle Clientのバージョンを慎重に確認してください。 Windows XPでは、上記のPandicusが提案した方法をODAC 11.2.0.2.1を使用して使用します。 手順は次のとおりです。 oracle.com(53 MB)から「ODAC 11.2 Release 3(11.2.0.2.1)with Xcopy Deployment」パッケージをダウンロードし、ZIPを抽出します。 OS:Windows Server 2008 R2(64bit) Oracle DB:Oracle11g(11.2.0.3 64bit) OracleClient:Oracle Client10g(10.1.0.2.0 32bit) DBは Oracle11g ですが、Oracle Client が 11g だと遅く 10g だと早いという現象です。 どなたか同じような現象を経験された方がいらっしゃいましたらご教示をお願い致します。 ODP.NET Managed Driverについて自分の欲しい形でまとまった資料がなかったのでここでまとめておきます。 ODP.NET Managed Driver(管理対象ドライバ)とは ODP.NET Managed Driver(管理対象ドライバ)とはOracle 12cから追加された新しい形のODP.NETで…

2014/06/18

まずは、"Oracle.DataAccess" というキーワードでプロジェクト内を検索してみるといいと思います。 具体的には、開発環境のOracle.DataAccess.dllのバージョンが Version=2.102.4.0 に対して、 ウェブサイトの発行先のOracle.DataAccess.dllのバージョンは Version=2.102.2.20 です。 Oracle Database 12c Release 2 の 32bit 版クライアント win32_12201_client.zip にて事象確認。 ちなみに前バージョンの Oracle Database 12c Release 1 の winnt_12102_client32.zip では正常にGAC登録されるので、12.2 インストーラのバグ(処理漏れ)っぽい印象。 Oracle Database 11g Express Edition (Oracle Database XE) Oracle.ManagedDataAccess Ver 4.122.18.3. 記事を書く上で自宅PCの環境となります。 インストール. NuGetのソリューションのパッケージ管理で「ODP」で検索して、「Oracle.ManagedDataAccess」をインストールします。 ローカルPCとサーバーにはOracle v11,64 Bitがインストールされています。 すべてのLocal Dev PCでは、64ビットのOracle.DataAccess.dll(C:¥app¥user¥product¥11.2.0¥client_1¥odp.net¥bin¥4)を参照しています。 IIS Production Serverでは、32ビット互換性をFalseに設定しました。 私は Windows 10 に 32bit:11G(11.2) と 64bit:12c(12.1) を入れて使っています。 VB6.0 の保守案件があるので 11G から離れられないのです。 サポート状況を見ると、この組み合わせが一番幅広いバージョンに接続できそうなので